Top / グルタルの旅行日記NO75

グルタルの旅行日記NO75

グルダルの旅行日記 No.075 Edit

すべてを諦めて氷壁にぶら下がったまま眠ってしまいそうになったとき、長い間、忘れていたミヤンの顔が浮かび上がった。
彼女の分まで逝きなければならないという責任を感じながら、胸の中から温かい何かが出てきて前進に広がっていった。
沈黙の湖のそこで感じたその神聖な力が体の中から感じられた。僕は再び氷壁に向かって探検を振り回した。


トップ 最終更新のRSS
Last-modified: 2017-02-07 (火) 21:03:23
広告非表示機能付き/ユーザー還元型ウィキ無料 レンタルwikiゲーマーズwiki
画像等の著作権は「アーキエイジ(Archeage)」運営/製作元のゲームオン/XLGAMESに帰属します。

サイト表示オプション

サイト横幅変更
右メニューバー追加
広告非表示
タイトル
メニュー
コンテンツ
広告
メニュー
(右)
Tips サイトのレイアウトを切り替える機能です
初期化
キャンセル
OK