Top / グルダルの旅行日誌

グルダルの旅行日誌

グルダルの旅行日誌#001 Edit

いつからだったのか?
僕の頭の中には影のような微かな記憶が一つあ
る。ある美しい女性だったが、彼女の暖かい胸
に抱かれた。そのときの感触が、一生を彼女の
幻影を追う人生にしてしまったのではないか。

グルダルの旅行日誌#005 Edit

ホウセイル村で薬売りカッキーに会った。
ハトラ村のシュハナを思い出したのか?
カッキーを見た瞬間、シュハナが頭に浮かんで歩を進めることができなかった。

グルダルの旅行日誌#022 Edit

オーステラに行く途中、マハデビ関所でひっかかった。アピマル監督というやつが、僕の格好
が密輸屋のようだからと、僕のことを監禁した。いつかの取調べが終わり、やっと釈放された。
一体、僕のどこが密輸屋にみえるのかな?

グルダルの旅行日誌#036 Edit

ソングランドにいるジウンの牧場で目が覚めた。体を起こそうとしたら、頭が割れそうなほどの頭痛がした。
オーステラを出てからどれぐらいの時間が過ぎたんだろう。時間を忘れたような気分になり、牧場の主人ジウンに日付を聞いた。
僕がオーステラを出たのは3年前のことだった。僕はこの3年間、何をしていたんだろう?
僕の3年という時間が思い出せない。

グルダルの旅行日誌#081 Edit

いろんな女性に近づいて声をかけて、神の力に関する手がかりを探った。ほとんどは
信憑性のない情報だったが、エイリからはかなり信憑性のある情報が聞けた。
イニステールのソルケル王が旧大陸で神の力を手に入れる噂を聞きつけ、遠征隊を派遣する
準備をしているとの情報だった。


トップ 最終更新のRSS
Last-modified: 2016-03-26 (土) 01:56:41
広告非表示機能付き/ユーザー還元型ウィキ無料 レンタルwikiゲーマーズwiki
画像等の著作権は「アーキエイジ(Archeage)」運営/製作元のゲームオン/XLGAMESに帰属します。

サイト表示オプション

サイト横幅変更
右メニューバー追加
広告非表示
タイトル
メニュー
コンテンツ
広告
メニュー
(右)
Tips サイトのレイアウトを切り替える機能です
初期化
キャンセル
OK